補助金・助成金サポートについて

国や地方自治体には数多くの補助金・助成金のメニューがありますが、分かりにくい事務局からの手引きの解説や申請手続きを法律専門家が徹底サポートします。

補助金

国や地方自治体、民間団体などが、事業者を支援するために支給する「返済不要」なお金です。支給を受けるためには、一定の条件があり、その補助金の目的に沿った事業計画や申請書を作り、各補助金の事務局が行う審査を通過する必要があります。

助成金

事業者の支援のための「返済不要」なお金という点では「補助金」と同じですが、①制度を実施しているのが厚生労働省であることが多い、②一定の審査はあるものの条件を満たしている場合は基本的に支給される、という特徴があります。

ここが特徴

助成金・補助金の中には、ブライダル事業者が利用できる制度も数多くあります。
一度お問い合わせをいただければ、「支給の対象になるのか」といった確認から申請書類の作成等までブライダルの視座をもった専門家がトータルでサポートいたします。

プラン・価格

報酬は、支給された補助金の10%程度を目安に、各制度の難易度等を踏まえご提示いたします

補助金の一例

「日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金」

小規模事業者による新たなお客様の開拓への取組み(例:HPやチラシの作成、新商品の開発費など)に対し、最大100~200万円の補助金が支給されます。

助成金の一例

「東京都中小企業振興公社 販路拡大助成事業」

都内の中小企業が国内外のB to Bの展示会へ出展する際の出展費用や出展に関わるPR経費等について、最大150万円の助成金が支給されます。

導入までのスケジュール

ご契約
個別に協議した上でご契約します。
ヒアリング
BRIGHT担当者からご依頼者様へ状況のヒアリングをいたします。
担当官公庁と交渉
BRIGHT担当者がそれぞれの補助金・助成金の担当官公庁と交渉します。
書類作成と申請代行
申請手続きに必要な書類の作成と申請の代行をいたします。
成功報酬等のお支払い
着手金、成功報酬等は個別のご契約により決定します。
※原則としてお客様に支給された月の月末締め、翌月27日支払いとなります。
(イレギュラーについてはご相談ください。臨機応変に対応させていただきます。)

お客様の声

株式会社Sereno 様

2020年を飛躍年度と位置づけしていた矢先にコロナで結婚式が延期・中止となり弊社も緊急事態宣言に合わせ、コロナ休業を選択する事となりました。
今まで助成金や補助金の存在など考えた事も無く、コロナ休業中に毎日ニュースで持続化給付金などの流れているのを見て認識している程度でした。
ブライト様からメルマガで持続化給付金などの申請補助に関しての情報を発信されているのを見て相談をさせて頂き、給付金申請までを二人三脚で進めて頂きました。
2020年は4月入社の新卒社員4人を迎えるにあたり美容備品の充実や制服準備等、サロン設備も一新したところでしたのでコロナ休業中における給付金の存在は大変、助かりました。

担当者より

BRIGHT行政書士
中島雄介

国や地方自治体では様々な助成金・補助金のメニューがあり、ブライダル事業者が利用できる制度も数多くあります。
ただ、「手引きを読んで対象になるのかわからない」「役所の人に相談してもよくわからない」、そのような中で利用をあきらめてしまうケースも多いと聞きます。
BRIGHTにご相談いただけましたら、「制度の利用ができるのか・何を準備すればよいのか」といった事前の整理から、「申請書類の作成・提出の代行」、「支給後の実績報告のサポート」など、トータルでお手伝いさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。03-6453-9652受付時間 10:00-17:00 [土・日・祝日除く]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。