ブライダル法務Q&A音楽著作権

担当/BRIGHT代表夏目 哲宏

ブライダル業界に関係する音楽著作権の情報をまとめていきます。

エイベックス社が JASRAC から離脱するとの報道がありましたが?

平成27年10月16日付日本経済新聞によると、エイベックス・グループ・ホールディングス(以下、エイベックス)が、従前JASRACに著作権管理を委託していた約10万曲を、エイベックス系列の管理会社イーライセンスに移す手続きを始めたとのことです。

エイベックスの子会社が取り扱う楽曲には、
安室奈美恵、
浜崎あゆみ、
EXILE
など、結婚式や二次会等のブライダルシーンで利用されることが多いアーティストが含まれており、もしこれらの楽曲の著作権管理がJASRACの手を離れるとなると、会場はもちろん映像制作会社にとっても従前の「著作権対応」を見直す必要に迫られる可能性が生じてきます。

もともとJASRACは市場シェア98%ともいわれ、音楽著作権管理についてはほぼ独占状態に近い立場にあったため、ブライダル企業にとっては、特に会場で流すBGMにかかわる「演奏権」については、JASRACのみを窓口としていれば足りるとの便利さがある反面、一部には独占ゆえの許諾料等の高額さを指摘する声もありました。

今回のエイベックスの動きが今後のブライダル業界に与える影響については、「電脳となりの法務君」等で情報発信してまいります。(2015.10.16配信)

日本初 ブライダル事業専門の
総合法務サービス BRIGHT(ブライト)

  • Q&Aにないご質問はお気軽にお問い合わせください
  • つくって法務君書面作成依頼はこちら(1部2,000円)~
「となりの法務君」についてのご不明な点はこちら
03-4530-3853
PAGE TOP